石川県立看護大学 母性・小児看護学講座のサイト

大学院

博士前期課程(修士)

女性看護学分野

性と生殖に関する健康と権利をベースに、女性の生涯の健康と看護を生涯発達、女性のライフサイクルおよび家族のライフサイクルの視点から考えていきます。対象理解において女性だけでなく男性も当然のごとく視野に入れる必要があります。思春期、周産期、母児関係、子育て、感染症、婦人科疾患、DV、不妊、独身女性、更年期から老年期等々にある人々に対する既存の専門的知識を習得し援助活動を修得します。さらに対象者と家族が有する多様なニーズ、課題に創造的で先駆的な取り組みができる実践・研究能力を養い高めます。

 

子どもと家族の看護学分野(小児看護専門看護師教育課程も含む)

子どもと家族の発達や健康生活、養育環境の重要性等、子どもと家族の状態を総合的に理解し援助するために重要となる知識や理論を学びます。また、育児不安や子どもの虐待等、現代社会における子どもと家族をとりまく諸問題を取り上げ、その実態や背景、保健・医療・福祉等の広い分野にわたる予防や援助、他職種間の連携について学ぶとともに、当事者の視点で問題を捉え、親子への対応や関わり、ケアを探求する素地を養います。
また、本分野は小児看護の専門看護師教育課程基準に対応した科目を開講します。

 

博士後期課程(博士)

実践看護科学Ⅰ(子どもと家族・女性)

子どもの成長・発達や子育て、周産期および女性の一生涯の健康に関する看護ケアの開発と、それらを社会組織的に発展させることを目指します。

 

 

PAGETOP
Copyright © 母性・小児看護学講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.