2015年10月7日

 平成27年8月22日(土)井沢知子先生(京都大学医学部附属病院 がん看護専門看護師)を講師に迎え、看護実践セミナー「リンパ浮腫のケアについて〜予防から発症初期までの看護介入を中心に〜」(北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン 石川県立看護大学主催)を、本学で実施した。
 当日は、北陸3県の病院、訪問看護ステーションの看護職54名が参加された。午前中は、主にがん患者のリンパ浮腫の発生機序と病態、浮腫のアセスメント方法、リンパ浮腫のケア方法と評価、症状マネージメントに活用できるモデルについての基礎知識と、診療報酬に結びつく、リンパ浮腫指導管理料の指導内容について講義していただいた。午後からは、講師による複合的理学療法の基本的手技のデモンストレーションを行った後、セルフ MLD、四肢の周径測定について参加者全員で演習を行った。また、リンパ浮腫の模擬事例2例についてのアセスメントをグループワークし、発表した。
 参加者から、セミナーの内容が濃く、今後の看護実践の参考になった、リンパ浮腫のケアのイメージがついたとの感想があった。

リンパ浮腫のケアについて〜予防から発症初期までの看護介入を中心に〜
リンパ浮腫のケアについて〜予防から発症初期までの看護介入を中心に〜