2018年10月23日

2018年10月15日(月)、平成30年度認定看護管理者教育課程サードレベル開講式を行いました。

本学附属看護キャリア支援センター認定看護管理者教育課程サードレベルの第3期生23名が、180時間の研修に臨みます。式では、入学許可の後、履修生を代表し鹿熊梨香子さんが、「少子・超高齢・多死社会における保健・医療・福祉体制の再構築にむけ、地域や行政との連携力の強い看護管理者となるよう研鑽に励むことをここに誓います。」と宣誓しました。また、石垣学長からの祝福と期待を込めた挨拶に続き、ご来賓の方々からもあたたかい励ましのお言葉をいただきました。

履修生は、高水準の専門的知識と技術を備えた講師陣による講義・演習・実習を経て、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められる認定看護管理者を目指します。

履修生代表 鹿熊梨香子さん 宣誓

石垣学長

 履修生の皆さん