2019年5月20日

 能登北部の医療施設の方々が抱える在宅療養移行支援の課題を出し合うとともに、先駆的に取り組んでいる講師を招き、解決の糸口をつかみます。在宅療養移行支援の課題を地域みんなでどのように取り組んでいくかを、事例を通して具体的に考えましょう。

●日時:6月15日(土)10:00~15:00

●会場:キャッスル真名井(石川県鳳珠郡穴水町川島井の61-1)

●講師:宇都宮 宏子 氏(在宅ケア移行支援研究所)

●テーマ:午前 10:00~12:00

          「病院から在宅(地域)へとつなぐ病院職員と在宅支援者との連携に関する事例検討」(事例提供:珠洲市総合病院)

    午後 13:00~15:00

          「終末期患者に対する意思決定支援に関する事例提供」(事例提供:公立宇出津総合病院)

●対象:在宅療養移行支援に関心のある能登地区の医療・介護職 60名