2018年11月30日

 本学は独立行政法人国際協力機構(JICA)北陸センターと連携し標記の研修を平成24年度から実施しており、研修員の受入は今回を含めて6回目となりました。
 11月29日(木)、カンボジア王国から研修員14名が来学し、石垣学長を表敬訪問した後、開講式に臨みました。本研修は研修員が将来、自国にて予防医学・公衆衛生分野における実施体制の課題解決を担うリーダーとなるための知識と意識の向上を目指しており、予防、公衆衛生、地域医療、地域医療連携をキーワードとした関連施設の視察と講義を取り入れたプログラムで構成されています。今回は医師や看護師、助産師等の方が参加しています。本学での講義の後、金沢市、小松市、白山市、能美市、内灘町に所在する医療機関や保健機関等での講義・視察を予定しています。