2018年12月17日

 11月18日(日)、本学大講義室で「災害につよい街づくりフォーラム2018」を開催し100名を超える方々にご参加いただきました。
 基調講演は「地域防災の取組と活動・災害に備えるために」と題して仙台市地域防災リーダーで福住町町内副会長 防災・減災部長の大内幸子氏にお願いしました。参加者からは「楽しみながら訓練する方法の重要性を感じた」「小・中学生を巻き込んだ防災訓練はすばらしい」などの感想が寄せられました。
 第2部では、本学が所在する地元かほく市外日角、七窪、大崎地区から安否確認を中心に活動を報告いただきました。また、災害ボランティア・サークルふたばに所属する1年生2名は、西日本豪雨災害の被災地である広島県江田島市切串地区でのボランティア活動について報告しました。
 今後も互いに刺激し合いながら地域の防災力を向上していきたいと思います。