2018年5月15日

 5月6日(日)に能登町柳田にて開催された「第32回 猿鬼歩こう走ろう健康大会」にて本学は「看護大健康キャンペーンテント」を設け、健康増進を目的とした健康測定と健康増進活動を行いました。健康測定では、100名の方が血圧、骨密度、体組成の測定をされ、大学院生と看護教員がその対応に主体的に取り組みました。
 昨年度より、柳田地区のみなさんが手作りされた案山子(かかし)がコースに立ち並び、大会を盛り上げています。テント設営直後には、毎年健康測定を楽しみにされている常連の方、大会実行委員長、能登町保健師の方々にお越しいただきました。私たちの活動を支援していただいていることを実感し、天候だけでなく心も清々しい一日となりました。
 終了後に、「のとキリシマツツジの大鉢」の脇で記念写真を撮り、来年は今年以上の参加者を集めるという関係者の期待に答えるべく、次年度への決意を新たにしました。(学部生5名、大学院生2名、本学関係者9名参加)