平成27年度学生セミナー

IMG_0250

2015年8月12日(水)に3年次生を対象に学生セミナーを開催しました。

3年次生が主体的に企画・運営し、4年次生の各卒業研究ゼミ代表者10名から臨地実習での経験、就職・進学活動、卒業研究についての話を聞きました。

本学では看護専門領域における臨地実習が3年次後期の10月から2月にかけてあります。臨地実習では、成人看護学実習A(急性期)・B(慢性期)、母性看護学実習、小児看護学実習、精神看護学実習、老年看護学実習の6領域で各2週間ずつ実際の患者を受け持ち、看護を実践します。3年次前期が終了したこの時期は、実習を目の前にして、不安や緊張が高まる時期です。それに先立ち、実習を充実させる工夫や夏季休暇の活用方法などについて、4年次生から実体験を踏まえたアドバイス、また、臨地実習での経験を卒業研究や就職活動につなげていくことについて話しをしてもらいました。

IMG_0257IMG_0262その後、活発な質疑応答がなされ、また、セミナー後も交流がみられ、先輩・後輩の学年を超えたつながりをもつ機会にもなりました。最後に4年次生からはもちろん、教員からのエールももらい、和やかに終了しました。

3年生の感想にも、「事前学習の重要性がわかった」「この夏休みを有効に使い、有意義な実習にしたい」「今日の話を参考に実習頑張りたい」「不安が大きい状態だったけれど、心が軽くなった」「3年後期から4年に向けての生活のイメージがついた」「実習に向けて勉強もしつつ、就職活動や国試に向けての勉強も始めていきたい」等書かれており、大変有意義な企画であったことが表れていました。協力いただいた4年次生の皆様ありがとうございました。

IMG_0251