学長 石垣 和子

学長 石垣 和子

 ご入学おめでとうございます。皆さんにとって大事な4年間がこれから始まります。からだと心を大事にして元気に学んでいただきたいと思います。

 日本の保健医療福祉の現場ではますます看護職がたくさん必要になってきています。皆さんへの期待は高まるばかりです。ところが、望まれるような看護師になるのは、簡単なことではありません。びっしり詰まったカリキュラムが待っています。これからの4年間をじっくりと勉強し、それをもとにしっかり考えられる看護職になって世に出ていただきたいと思って準備したものです。その中でも選択科目がありますから、その科目を学ぶ意義をよく考えて選んでください。皆さんには大学のある石川の地を足がかりに、ヒトについて、ヒトの生活について理解を深め、健康について、病について、社会について、そして看護についてしっかりと学び、さらに自分を知って客観視することや、自分で考えて判断して解決することも身につけていただきたいと思います。そしてできればこの石川にて一歩を踏み出し、それから全国へ、世界へと羽ばたいていただきたいものだと考えています。教員一同、そんな皆さんを応援することを楽しみにしております。

 大学生活はこれまでと違って自由度が高いと思います。反面それだけ責任もかかってくることになります。まずはこの冊子をしっかりと読んで意味を理解し、自分でこれからの生活や学習計画を組み立てられるようになることが大切です。掲示を見て理解して行動するということも必要です。その上で、勉強だけでなく、友人や教職員との触れ合い、クラブ活動、ボランティア活動、社会活動など、いろいろな方面のふれあいや活動にしり込みせずに参加することによって、きっとその後何十年も拠り所となる何かをつかむことにつながるはずです。

 さて、この大学は昨年度から法人組織になりました。いろいろな変化の兆しが現れるかもしれませんが、皆さんの教育環境は今まで通りしっかり整えます。皆さんからの要望や意見はその基本となります。教職員は皆さんのすぐ近くに存在していたいと願っていますので、どうぞ仲よくしてください。そして一緒にこの大学を豊かで誇れるものに作っていきましょう。